ダイエット運動時間

ダイエットに運動を取り入れる時には、時間を気にされる方が多いようです。

運動時間を多く取ればそれだけダイエット効果につながるという考えもうなづけますが。

実は間違いである場合もあります。

ランニングダイエットのように走ってさえいればゆっくりでも距離を長く走ることでカロリー消費につながるという場合もあります。

有酸素運動をメインとしたエアロビクスエクササイズなどでは長い時間踊っていても、体をフルに動かさなければまったく無意味な運動時間になってしまうこともあります。

ダイエットを行っている場合には、体が酸素を取り込みやすくするための運動を短時間でもしっかり行うようにしましょう。

短時間で完全なエクササイズができるようになったら、運動時間を少しでも長く伸ばせるように工夫をしていくとより効果が上がります。

このほかにも、医学的レベルでダイエットをするために効果的な時間があるようです。

ダイエットのために最適な運動時間というのは食後一時間後です。

アドレナリン分泌と筋肉細胞が活発化している時間なので、有酸素運動を取り入れると効果的だというのです。

食後ですので、激しい運動はできるだけ避け、早足で30分間、3キロ程度をウォーキングするとよいそうです。

夕食後や朝食後の通勤時間にこのダイエットのための運動時間をあてると効果的ですね。

この通り、ダイエットと時間は深い関係にあるといえるでしょう。

運動と時間との関係をしっかり勉強して効果的にダイエットをしていきましょう。

ページのトップへ戻る