派遣労働の問題は?

派遣労働にはメリットもあればデメリットもあります。

短期間の人手不足を補う目的で一時的に人材が必要な時には企業側にとって大きなメリットにもなる派遣労働ですが、長期的に見るとコストがかかるというデメリットもあります。

また、派遣社員として仕事をしていた人材を正社員として雇用する場合には、派遣期間に仕事ぶりや人柄などをチェックする事もできるので、失敗しない雇用が可能ですよね。

派遣労働は派遣される派遣社員側にも多くのメリットやデメリットがあります。

派遣社員になることを考えている場合には、どちらも考慮したうえで慎重に決める事が大切です。

派遣労働は正社員として仕事をする場合と比べると労働時間が短かったりするので、家事と両立したいと考えている方にとっては大きなメリットです。

また、派遣労働ではあらかじめ労働時間が決められているので、サービス残業を強制される事も少ないようです。

一方、派遣社員は同じ職場で仕事をしているほかの正社員とは待遇が全く異なります。

そのため昇給などはほとんど望めませんし、ボーナスや有給なども一切つかない場合がほとんどです。

また、派遣社員には年齢制限がある場合も多いようです。

若いうちは派遣社員として派遣される場合にも選択肢が多いのですが、35歳をすぎると派遣先を見つける事も難しくなってきます。

そのため、年齢がいってからの派遣社員という選択は、あまり実用的ではないという問題もあるようです。

ページのトップへ戻る