鼻の下ニキビを治すには?

鼻の下は顔のTゾーンに位置しているので、顔の中でもわりと皮脂分泌が活発な場所です。

また、鼻の周辺は毛穴も大きいので、角質や皮脂などが毛穴に詰まると、わりと大きいニキビが表われたりするという特徴もあります。

それだけではありません。

鼻の下は顔の中心部分なので、ニキビができると気になって仕事も手につかなくなってしまいますよね? 鼻の下はとても乾燥しやすいので、ニキビもできやすい状態にあります。

食事をして口を拭くと鼻の下も乾燥してしまいますし、鼻をチーンとかむと肌はあっという間に肌荒れを起こしてしまいますよね。

また、脂取り紙などで脂を取り除いてしまう事も多いので、皮脂分泌が過剰になってしまう原因は日常生活のいたるところにあるといえるでしょう。

鼻の下にできてしまったニキビを治すためには、毛穴ケアを行なう事が必要です。

皮膚が薄い場所なのであまりゴシゴシするとすぐに肌がヒリヒリして、かえってニキビが悪化したり、更に多くのニキビが表われたりする事もあるので、ゴシゴシは禁物です。

角質ケアやピーリングなどで古い角質を取り除く際には、優しくそっとケアをする事が必要です。

鼻の下だけでなく、小鼻の辺りなどにもニキビが出来ている場合には、食生活や生活習慣を見直してみることが大切です。

甘い物や脂っこい食べ物が好きな方は特に、食生活を改善するだけでも鼻の下のニキビはスーッと改善される事も多いようですよ。

乾燥しやすい部分なので保湿も心がけると良いようです。

ページのトップへ戻る