発毛のメカニズムとは

発毛はどのようなメカニズムを経て、行われているのでしょうか。

その全体のプロセスを簡単に見てみましょう。

まず髪の毛は、元来は皮膚であった部分が変化してできたものです。

髪の毛を作る原点となる毛包は、汗腺や皮脂腺などといっしょにまだ、胎児の頃から独自の発生を開始します。

その後髪は固くなり、細胞分裂を繰り返して長く伸びていきますが、このような行程を角化と呼んでいます。

髪の原点である毛包は、皮膚の一部が陥没することによって形成されます。

その後、陥没した毛穴の最も深い場所に髪の毛を作る工場である毛母細胞が形成され、毛母細胞はさかんに細胞分裂を繰り返して、髪の毛となって生えてきます。

毛母細胞に働きかけ、さまざまな指示や情報、また栄養分などを送る元となる部分は毛乳頭と呼ばれています。

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれている生育の周期があります。

このヘアサイクルは男性では一般に3〜5年、女性では4〜6年となっています。

ヘアサイクルには、まずさかんに毛母細胞が分裂を繰り返して、髪の毛が生え始め、さらに太く、固い、ハリのある髪の毛に成長していく「生長期」があり、その後は急速に約3週間ほどをかけて髪の成長が低下する「退行期」を向かえます。

やがて髪の成長が完全にストップする「休止期」になると髪の毛は抜け落ちてしまいますが、その時点で毛母細胞内部には、早くも次の髪の毛の赤ちゃんが形成され始めています。

休止期は通常4〜6ヶ月ほど続きます。

このように発毛には一定のメカニズムが存在していますが、このメカニズムのどこかで異常が生じると、円滑な生育は行われなくなってしまいます。

このような異常や障害を治療するために、さまざまな薬剤が研究されているのです。

ページのトップへ戻る