気象予報士資格取得方法

気象予報士は、天気予報を行う事ができる資格です。

過去のデータや雲の動きなどをまとめて情報を適切に利用できる技術者としても認められる気象庁管轄の国家資格です。

気象予報士になるには、受験資格は必要ありません。

そのために、タレントや小学生の合格者なども続出しています。

試験は年に一度行われ、学科試験と実技試験が行われます。

学科では予報業務に関する一般知識や専門知識が問われ、実技試験では局地的な気象の予想などの出題があります。

合格率が10%未満と狭き門です。

勉強方法としては、天気図をひたすら解析したり、雲を見分ける、また通信教育や通学制の各種学校で学ぶことなどがあげられます。

気象概況などの作成は重要ですので、実技の勉強は毎日行いスキルを磨かれることをお勧めします。

気象予報士試験に合格し、気象庁長官の登録を受けることで気象予報士としての資格を得ることになります。

気象予報士の資格を取得すると、民間の気象予報会社などで働くことができます。

また各マスコミなどで気象予報の枠組みを作ることも可能になります。

個人で天気の動向を調べるなども可能ですね。

ただ、資格を持っているから「気象のスペシャリストである」と名乗る事はいまいち難しいようです。

毎日空の動向を見て気象庁発表の概況と、ご自身独自で作った概況を見比べるなどをして、天気予報のセンスアップを図られることをお勧めします。

気象予報に関しては感性も必要になるようです。

ページのトップへ戻る